信濃湧水の維持費は?他社と比較しました!

信濃湧水年間の維持費っていくらぐらい?

信濃湧水は水の価格が安くお得なウォーターサーバーですが、実際の維持費はどうでしょう?
水の価格が安くても他の要素でお金がかかっては維持費はかかってしまいます。

 

その点信濃湧水はどうか?他社と比較しながらご紹介します。

 

水の維持費は?

信濃湧水は水の価格が非常に安いのが特徴です。ウォーターサーバーは水の価格で維持費が大きく左右される製品なので信濃湧水は維持費が安いウォーターサーバーと言えます。
具体的には1ボトル1500円(11.4L)、配送は2ボトル単位から行われるので最低でも月に3000円かかります。
1年間で3万6千円になります。料理等でたくさん水を使う人ではもう少しかかりますが、飲料用やカップ麺に使うぐらいなら月ボトル2本でも足りるでしょう。

 

他社の有名なウォーターサーバーと比べると11.4Lで1800円程するものもあるので月に約600円、年間7000円程の差がつくことになるので信濃湧水はかなりお得な方です。

 

サーバーの維持費は?

信濃湧水にはスタンダードサーバー(床置き)、スタンダードサーバー(卓上)、エコサーバーの3種類にサーバーがあります。
前二つのスタンダードサーバーはサーバーレンタル料金無料なので維持費は全くかかりません。エコサーバーは月300円のレンタル料がかかるので年間3600円の維持費がかかります。

 

スタンダードサーバーとエコサーバーの違いというのが主にサーバーの性能差になります。エコサーバーには自動クリーニングやエコモード等スタンダードサーバーにはない機能が一部ついています。この機能に300円の価値を見出せるかどうか個人の主観になるので何とも言えない所ですが年間3600円の差は意外と大きいです。

 

その他維持費

その他の維持費として配送料と電気代がかかります。
配送料は北海道・四国・九州の場合1箱につき459円かかりますが、それらの場所以外の場合は配送料無料になります。
また電気代は400円程度になるでしょう。

 

信濃湧水の年間維持費

信濃湧水の維持費は以上の点から主に水の価格、サーバーレンタル料金の2点に左右されます。
スタンダードサーバーの場合はサーバーレンタル料金が無料なので水の価格=維持費になります。

 

信濃湧水の維持費は他社のウォーターサーバーと比べてもかなり安いです。
しかしその分サーバーの種類が少ない、見た目がシンプル、ついている機能が少ない等のデメリットが挙げられます。

 

信濃湧水はウォーターサーバーをとにかく安く使いたい人向けの製品となっています。

 

維持費を安く抑えるには?

信濃湧水で維持費を安く抑えようとするなら使用する水の量を減らすしかありません。
しかし信濃湧水にはボトル注文のノルマがあり、最低でも年間3万6千円は維持費としてかかります。

 

もしそれ以上維持費を抑えたいなら信濃湧水はあきらめて他のウォーターサーバーを使うしかありません。
ですが信濃湧水自体がすでに格安ウォーターサーバーなので、それ以上のものを見つけるのはかなり難しいでしょう。

 

そのため維持費を抑えてお金をかけずにウォーターサーバーを使いたいなら信濃湧水が一番オススメです。

トップへ戻る