フレシャスの解約方法と注意点、乗り換え先のおすすめ

フレシャスの解約方法と注意点、解約金を免除するためには?

フレシャスは解約する際にいくつか注意すべき点があります。
解約金を免除するにはちゃんとした手順をふまないといけないので気を付けてください。

 

解約金を免除するためには?

解約金を免除するためにはまずフレシャスの使用年数を確認します。
もし解約金が発生しているようなら他社の乗り換えキャンペーンを利用して解約金を免除するという手もあります。

 

契約期間を確認する

フレシャスには契約期間が設けられているので、契約期間内に解約すると解約金が発生します。
1年未満の解約で15000円、1年以上2年未満で9000円がかかります。
2年以上使用すれば解約金が免除されます。

 

他社の乗り換えキャンペーンを利用する

ウォーターサーバーの乗り換えキャンペーンでは解約金をキャッシュバックしてくれるものがほとんどです。
このキャンペーンを利用すればフレシャスの解約金を免除できます。

 

例えばプレミアムウォーターの乗り換えキャンペーンでは解約金を最大16500円までキャッシュバックしてくれます。
フレシャスの解約金は最大で15000円なので、実質解約金の全額を免除することができます。

 

この方法のデメリットは乗り換えキャンペーンをやっていない所もあるということです。
メジャーな所では大体やっていますが、マイナーな会社では乗り換えキャンペーンを行っていない所が多いので注意してください。

 

具体的な解約方法

ここからはフレシャスの具体的な解約方法になります。解約の連絡先と返却前の準備について説明します。

 

解約の連絡先

フレシャスは解約を電話かメールで行っています。

 

・電話番号:0120-800-026
・営業時間:平日 (営業時間:平日9:00〜18:00 土日・祝日:9:00〜17:00 ※ただし年末年始を除く)
・メールアドレス:cs@fuji-meisui.co.jp

 

連絡後にフレシャスからサーバーの返却について指示があるのでそれに従います。

 

返却前の準備

サーバーの返還請求から30日以内にサーバーが返却できないと3万円を支払うことになります。
解約する前に返却の準備を進めておきましょう。

 

サーバーは返却する前に水抜きを行います。
水抜きの方法についてはサーバー毎ごとに異なるのでコチラで詳しい方法を確認してください。

 

基本的には
@注水ボタンで水を出しきる
Aボトルを外す
B電源を切ってサーバーを冷ます
C空焚き防止の栓をする
といった流れになります。

 

まとめ

自分の使用環境で解約金が発生するか確認する。
サーバーの返却準備ができてから解約の連絡をする。

 

フレシャスを解約する際には以上の2つに特に注意してください。

 

オススメの乗り換え先ウォーターサーバー

ここから先はウォーターサーバーの乗り換え先が決まっていない人のための説明となります。
乗り換えるつもりがない、乗り換え先が決まっている人を読む必要がありません。

 

乗り換えキャッシュバックを利用したい人にオススメ

他社の乗り換えキャッシュバックキャンペーンを利用すれば解約金を免除できますが、そのなかでもオススメなのがプレミアムウォーターです。
プレミアムウォーターもフレシャスと同じくおしゃれで高性能なサーバーを扱っています。

 

乗り換えキャンペーンでは最大16500円キャッシュバックしてくれるのでフレシャスで発生した解約金を免除してくれます。

 

プレミアムウォーターのメリット

 

維持費を安く抑えたい人にオススメ

フレシャスでは維持費が高く経済的に厳しかった、という人にオススメなのは信濃湧水です。
水の価格がとにかく安いので年間の維持費を大きく抑えられます。

 

またフレシャスと同じく天然水を使用しているので水の成分に妥協したくない人でも大丈夫です。
ただ一点デメリットがあるとすればサーバーの見た目があまりおしゃれではないという点です。

 

安い価格の水の配達をお求めなら信濃湧水が断然おすすめ!

 

水をたくさん使う人におすすめ

水の使用量が多く、フレシャスの維持費で悩んでいる人におすすめなのがウォータースタンドです。
ウォータースタンドは定額制のため水が使い放題なので、水の使用量が多い人におすすめです。

 

ボトルの配送がいらないので宅配の受け取りが面倒だったり、できない人にも使いやすいウォーターサーバーです。

 

ただし水の定額制のため水の使用量が少ないと損をしてしまうデメリットもあります。
多人数での使用に向いています。

 

知らないと損する!?ウォータースタンドのメリット・デメリット

トップへ戻る