ウォーターサーバーを使うことのデメリット

ウォーターサーバーを使うことのデメリット

ウォーターサーバーを使うことのデメリット

ウォーターサーバーの申し込みを検討していて色々調べているけど、良い所はたくさん書いてあるけどデメリットについて詳しく書かれていない、ということはないでしょうか?
ここではウォーターサーバーを使うことのデメリットについても詳しく説明します。

 

水の料金が高い

当たり前のことですが水道水を使うよりも料金はたくさんかかります。
ウォーターサーバーを使う上で特に料金がかかるのがこの水の料金になります。

 

よくウォーターサーバーはサーバー代が無料だったり、格安でレンタルできたりという売り文句がありますが、何故サーバー代が無料なのかというとその分水の料金がかかるからです。
パソコンで使用するプリンターと一緒で本体は安いけどインクは高いのと同じことです。

 

そのためウォーターサーバーを金額で選ぶ際は「サーバーが無料」等の売り文句に惑わされず水の料金を見て選択するほうが良いです。

 

解約金が必要になる場合がある

ウォーターサーバーには大抵契約期間というものがあります。
これは携帯電話等と一緒で、〇年間単位で契約してその期間に満たない前に契約を解除すると違約金が発生するというものです。

 

そのため申し込んだウォーターサーバーが自分に合わないと感じても気軽に契約解除をするということはできません。
ウォーターサーバーを申し込むのが初めてなら契約期間の短いものや解約金が少ないものを選ぶ方が良いです。

 

水の配達ノルマがある

いくつかのウォーターサーバーは「月に〇本のボトルを注文してください」というノルマがあることがあります。
大抵の場合は2本で1セットになっていることが多いので月に2本注文することになります。

 

そのため先月水を使い切らずに余ったから今月は頼まなくていいや、ということができません。
もちろんノルマがないウォーターサーバーもあるのでノルマを窮屈と感じるようでしたらそのようなものを選ぶと良いです。

 

定期的な掃除が必要

ウォーターサーバーは水を扱うものなので長い間放っておくとカビ等の原因になります。
そのため定期的に掃除は必要です。

 

毎日する必要はないですが気が付いた時に水滴を拭いておくだけでもやっておくと良いかもしれません。

 

ウォーターサーバーを使うことのデメリット

以上の4つの点がウォーターサーバーを使う上でのデメリットになります。
このうちの3つに共通しているのがお金がかかる、ということです。

 

お金は確かにかかりますが、自分の生活スタイルにマッチするウォーターサーバーを見つけられれば必要な料金は極力減らすことができます。
またそれ以上にメリットもたくさんあるのでウォーターサーバーをぜひ使ってみてはいかかがでしょうか?

 

トップへ戻る