ウォーターサーバーに必要な維持費

ウォーターサーバーに必要な維持費

ウォーターサーバーに必要な維持費

ウォーターサーバーには水の料金の他にも維持費が必要になります。
維持費には電気代、サーバーレンタル代、水の料金が主になってきます。

 

ではウォーターサーバーの1ヶ月に必要な維持費はいくらほどになるでしょうか。検証していきます。

 

ウォーターサーバーで一番維持費がかかるのは水の料金

ウォーターサーバーに必要な維持費はやはり水の料金が大半を占めています。
水の料金は契約するウォーターサーバー毎で上下します。

 

水の1L毎の料金は大体どこでも同じぐらいで1L当たり100〜150円程になります。
しかしボトルの種類によっては大きく変わってきます。

 

ウォーターサーバーのボトルは大きく3つに分けられます。
一般によく見られるペットボトルのようなボトルとビニールパック、水道直結型の3種類です。

 

ペットボトルタイプとビニールパックの2種類の料金には大差はありません。
しかし水道直結型は少々特殊で水の料金が定額制になるので大量に水を使用したい人はコチラにタイプにしたほうが良いです。

 

意外と維持費がかからない?サーバーレンタル代

ウォーターサーバーの使用で意外と維持費が必要ないのがサーバーレンタル代になります。
ウォーターサーバーは水の定期配送することを条件に長期間にわたり利益を得るタイプなので水の料金はかかりますがサーバーレンタル代はほとんどかかりません。

 

サーバーレンタル代はどこで契約しても無料もしくは月1000円程度で維持費はほぼ必要ありません。

 

ウォーターサーバーの維持費 電気代について

月1000円以内には収まる程度です。サーバーの種類によりますが500円〜1000円程度だと想定してください。

 

ウォーターサーバーは基本的にコンセントをつなぎっぱなしなので電気ポッド等と比べると少し高くなります。
それでも冷水・温水がすぐに使用できるというメリットがあります。

 

全部まとめた必要な維持費

必要になってくる維持費は水の料金によっておおきく上下するので一概に〇〇円です!と断言することはできません。
ウォーターサーバーを使用する人数や水の使用頻度によって変わってきます。

 

サーバー代や電気代も契約するサーバーの種類によって上下しますが、水代と比べると微々たるものです。
ウォーターサーバーの維持費を安くしたいのならおもに水の料金に注目したほうが良いでしょう。

 

 

 

トップへ戻る