ウォーターサーバーボトルの種類

ウォーターサーバーボトルの種類

ウォーターサーバーボトルの種類

ウォーターサーバーのボトルには大きく分けて3つの種類があります。
ペットボトルタイプ・ビニールパックタイプ・水道直結型の3種類です。

 

ウォーターサーバーはボトルの種類ごとにメリット・デメリットがあります。

 

最もメジャーなペットボトルタイプ

ペットボトルタイプは一般的によく見るサーバーの上部にボトルを取り付けるタイプのものです。
特にこだわりがないならペットボトルタイプでもいいかもしれませんが、色々と不便な点もあります。

 

一番不便な点は重いということです。水の容量が大体12L程あるので女性やお年寄りには少し重いでしょう。
この重いボトルをサーバーの上部に取り付ける必要があります。サーバーはものによっては1m程の高さがあるので、12Lのものを1m持ち上げるのはなかなか大変です。

 

ペットボトルタイプでもサーバーの下部にボトルを取り付けるタイプのものもあるので重いものが持ち運ない人はそちらをおすすめします。

 

また、ペットボトルタイプは水を保管しておく際に場所をとって邪魔になるので、あらかじめボトルを保管しておく場所を確保しておく、またはボトルラックを購入するなど対策が必要です。

 

ペットボトルタイプはこれといった目立った長所はありませんが、他2つに比べメジャーでクセがなく使いやすいという点があげられます。

 

場所をとらないビニールパックタイプ

ビニールパックタイプはペットボトルタイプと異なりかさばらないのが特徴です。
かさばらないのでボトルの保管に場所をとらないメリットがあります。

 

また一つのボトルの入っている水の容量が少なく軽いので、持ち運びもペットボトルタイプより楽にできます。
軽い分サーバーにボトルを取り付けるのも楽にできます。
力の弱い女性やお年寄りにもおすすめできます。

 

使い終わった後のゴミが少ないのもメリットです。

 

しかし当然デメリットもあります。
ビニールパックタイプはペットボトルタイプと異なりフニャフニャするのでサーバーに取り付ける際に取り付けづらいと感じる人もいます。

 

強度の面でもペットボトルタイプよりは脆いのであまり乱暴に扱うと穴があいてしまうこともあります。
ですが普通に扱っていれば簡単に穴は開かないのでこれはそこまで気に掛ける問題ではありません。

 

定額使い放題の水道直結型

水道直結型が他2つと比べやや特殊になっています。
ペットボトルタイプとビニールパックタイプは天然水を配送してもらうシステムですが、水道直結型は水道水をろ過して使用するタイプです。

 

水道水をろ過するので天然水のようにミネラルを豊富に含んでいたりはしません。
ミネラルを摂取したい、というよりはきれいな水を使いたい人向けのものです。仕組みとしては浄水器に近いものです。

 

料金が定額使い放題なので基本的な料金は他2つと比べ高いですが、使い放題なので水の使用量が多い人はかえって得をします。

 

ボトルの交換が必要ないので、家を空けることが多くて配送された水を受け取れなかったり、ボトルが重くて運ぶのが大変だと感じるおすすめです。人に

 

トップへ戻る