ウォーターサーバーに気を付けるのは?選び方のポイントを開設!

ウォーターサーバーに気を付けるのは?選び方のポイントを開設!

ウォーターサーバーの選び方は?何に気をつけるべき?

ウォーターサーバーを使ってみたいけれど数が多すぎてどれにしていいか分からない!

 

この記事ではそんな悩みをもつ人のためにウォーターサーバーを選ぶ際に何に気を付けたら良いのかを説明します。

 

 

この記事を最後まで読めばきっとあなたにピッタリのウォーターサーバーが見つかるはずです!


  1. 水の値段はいくらか?
  2. 水以外にお金は必要か?(サーバー代等)
  3. ボトルの方式は何か?
  4. 配送ノルマはあるか?
  5. ついている機能はどのようなものか?
  6. 使用される水の種類は?
  7. 解約金は必要なのか?

私はご覧の7項目がウォーターサーバー契約の際に気を付けた方が良いと思っています。

 

「サーバー代無料!」「こだわりの天然水を使用!」等その会社にとってメリットの部分は大きく公式サイトに載っていますよね。

 

しかし解約金や配送ノルマ等会社にとって都合の悪い部分は公式サイトの下の方に小さく書いてあることがほとんどです。

 

ウォーターサーバーを選びはしっかりとみていけば損することも「こんなはずじゃなかったのに・・・」なんてことにもなりません。

 

あなたがウォーターサーバー選びで失敗しないためにも各項目について詳しく説明していきます。

 

@水の値段はいくらか?

水の値段はどの会社でも「うちはお得ですよ!」とか「この値段で〇〇L入り!」とアピールしているので特に気をつけることではありません。

 

・・・と言いたいところですが、水の値段だけが安ければ良いというわけではありません。

 

水の値段が安くても実はサーバー代がかかる、サーバーの機能があまり高性能ではない、等何かしらデメリットがある場合がほとんどです。

 

経験則ですが水の値段が安いウォーターサーバーはサーバーの見た目がシンプルだったり、搭載されている機能が少ないといものが多い印象です。

 

水の値段が低い分、サーバー自身の性能が平凡ということがあるので、高性能なウォーターサーバーを使いたい人は要注意です。

 

A水以外にお金が必要か?

ウォーターサーバーに必要な費用は主に水代、サーバー代、配送料、電気代、設置代、メンテナンス代、解約金の7つです。

  1. 水代
  2. サーバー代
  3. 配送料
  4. 電気代
  5. 設置代
  6. メンテナンス代、
  7. 解約金

 

水代が安くてもサーバー代や配送料がかかったり、サーバー代が無料でも実は解約金が高かったりします。

 

そのためウォーターサーバーを選ぶ時にはどれか一つの項目に注目するのではなく全体の維持費はいくらか見極めなくてはなりません。

 

Bボトル方式は何か?

ウォーターサーバーは主に3つのボトルを使用します。

 

ペットボトルタイプ、パックタイプ、水道直結型の3種類です。

 

それぞれに特徴があるのでどれが優れていてどれが劣っているということはありません。簡単に説明するなら

 

・ペットボトルタイプ
 頑丈なタイプではあるがかさばるので場所を取りやすい。多くのウォーターサーバーで使われている。

 

・パックタイプ
 ビニールでできたパックに水が入っているので場所はあまりとらないが少し脆い。あまり見ないタイプ

 

・水道直結型
 水道とウォーターサーバーを直接つないでろ過して使う。月額制なので料金は割高。

 

このような感じです。場所に余裕があるならペットボトルタイプが良いし、大人数で使いたいなら水道直結型と使う人によってどれがあっているかが変わります。

トップへ戻る