プレミアムウォーター選べる4つの採水地

プレミアムウォーター選べる4つの採水地

プレミアムウォーターの特徴の一つとして採水地を選択できるというものがあります。
大抵の人は「水なんてどれでも一緒でしょ」と考えるでしょうが、ウォーターサーバーの購入を検討するほどの人ならば水にはこだわりと考えるかと思います。

 

採水地を選べるのはプレミアムウォーターならではの長所と言えます。他社のもので採水地を選べるというのはほとんど見たことがありません。
せっかくプレミアムウォーターを購入するならばその特徴を最大限に生かしたいですよね?

 

そこでここの項目では4つの採水地とその特徴を記載します。水に含まれる成分・ミネラル、またそれらの成分がどのような恩恵をもたらしてくれるのか選択の際に参考にしてください。

 

プレミアムウォーターの採水地@ 富士吉田

富士吉田は富士山麓の地下から採取された水です。地下200mに位置する玄武岩によって形成された地層によってろ過されたなナチュラルミネラルウォーターです。
玄武岩は簡単に言うとマグマが固まることによってできた岩で、標高の高い富士山付近ではその玄武岩の層が何層にも連なっています。

 

玄武岩にはバナジウムと呼ばれる物質が含まれており、玄武岩でろ過された水にもバナジウムが含まれます。
バナジウムには血糖値の上昇を抑える効果があると言われています。この効果は確証されているものではありませんが、
それでも多くの所で血糖値の低下に効果があるのではないかと期待されています。

 

そのため健康に気をつけたい人におすすめです。
バナジウムの他にもカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムというミネラル4大成分といわれる成分がバランスよく含まれています。

 

プレミアムウォーターの採水地A 北アルプス

 

北アルプスの天然水の採水地は長野県大町市になります。この地域は寒暖差が激しく山間部は降雪量が多く、5つの砂岩層によってろ過された雪解け水が北アルプス天然水の特徴です。
地下約200mから汲み上げられていて、硬度が29r/Lとなっていて飲みやすいのが特徴です。

 

北アルプス天然水には4大ミネラルのほかにシリカやサルフェートと呼ばれる成分を含有しています。

 

 

 

トップへ戻る